主婦が喜ぶ、介護と極秘と目から鱗情報と ボディーケア編パート2

まずは、女性の肌の悩みについてです。私(男)ですが、少しは、お役に立てればと思います。え~、ボディーケアってめんどくさいからなという人が多いと思いますでは、自宅でボディケアを長続きさせるにはどのような心構えを持った方が良いのでしょうか?

まずは自分の体をトータルチェックしてみましょう。肌がカサついているなとか首の横じわが最近目立つようになって気になっているんどよねとかフェイスラインのたるみが気になんだよねなどなど、自分の体をトータルチェックすれば、いくらでも自分の体の悩みや改善すべき部分が見えてくるはずですし自分のマイナス部分を知ることで「何とか、改善するぞ!」という原動力が芽生えてくるはず!それが結果的に自宅でのボディケアを長続きさせる秘訣となるのです。また、”自分はどのような女性になりたいのか”これもボディケアを長続きさせるには重要です。
肌や髪までツヤ感のある女性になりたいメリハリボディと小顔を手に入れたい手や足の先までケアを怠らない女性でいたいなどなど、このように”なりたい””見られたい”自分像というものを持ちながらボディケアを行うといつの間にか成果が目に見えてくるもの。結果が出てくると「もっと、もっと」と欲がでてボディケアを続けることが楽しくなっていきます。
最後までご覧になった方へ感謝の気持ちを込めて、おすすめサイトを紹介しますね。





さらに、目的を持ってボディケアすると効果も出やすいということをぜひとも覚えておいてくださいね。それでは、具体的に体それぞれのパーツからのお手入れ法をご紹介したいと思います。がすべて紹介していくと、キリがないし、見ている皆さんも疲れると思いますので。私のブログ(主婦限定、介護と極秘と目から情報とのボディーケア編に関連した事を、紹介したいと思います。ボディーケア編でも述べたように、肌の汚れををおとす事と、保湿しケアする事が大切なのはわかると思います。お風呂に入ったならば、角質ケアも一緒に行いましょう、そこで、手作りボディスクラブの方法を紹介します。
手作りボディスクラブの作り方とやり方で使用するのは入浴時に使用します。まず、湯船にゆっくりと体全体を温めます。ザラザラごわついた角質を柔らかくしてあげます。そのあと、天然塩とオリーブオイル(1:2)をよく混ぜた手作りスクラブでひじとひざを軽くクルクルとマッサージします。週に1回ほどを目あすに、ボディブラシや軽石など固いものでゴシゴシこすらないようにし角質を落としましょう。ザラザラ感がなくなったら次は保湿してあげましょう。

潤いを高める保湿ケアのこつは、保湿ケア製品を手の平でよく温めてから使います。こうすることで肌なじみが良く、まんべんなく塗るからです。ケアの際は、二の腕の内側や首の裏側の保湿も忘れずに。特に首の裏側は、両手で温めるようにおさえると保湿製品が浸透しやすくなるほか、血流アップにもつながります。話がそれるかもしれませんがコットンパックも意外と活躍する事が分かり紹介したいと思います。コットンにたっぷりと化粧水を浸してひじとひざにパックします。5分間そのまま放置し最後に乳液で油分を与えてあげるだけ。スキンケアで使うアイテムを顔と同じようにひじやひざに付けるだけなのでお手軽ですよね。ひじとひざは、これら2つのお手入れ法でかなりカサカサ感がなくなり、しっとりとなること間違いありません。

以上ですが、皆さんの参考になればと思いますし、冒頭でも述べたように、おすすめサイトを紹介しますので、気になった方は、下記の画像をクリックしてみてください。




チョットブレイクタイムで、現実とはかけ離れてみたい方は、旅行なんてどうでしょう。ということで、旅行関係の下記の画像をクリックしてサイトを見てみてください。





いかがでしたか私のお得情報は、定期的に更新していく予定なので、今後に期待い下さい。

この記事へのコメント